トピックス

メッセージ

自然療法への転換(その1:転機)

その大きな転換へ向かうことになったのは、我が家の末っ子デューク(バーニーズマウンテンドッグ、男の子)のリンパ腫の治療を通して感じた疑問と気付き、と言えます。

そういう意味では、デュークが自然療法へ案内してくれたと思っています。

「デューク自然療法クリニック」の「デューク」は、もちろんこの子、我が家の末っ子の名前からつけたものです。
「デューク自然療法クリニック」の前身は、「デューク動物病院」という名前で、ごく普通の、いわゆる一般西洋医学の動物病院として1998年に誕生しました。デューク8歳の年。

病院のロゴマークはデュークがモデル。

デューク本人も大人気でしたが、木で作ったロゴマークの看板も大人気で、共に多くの人に愛され、親しまれ、私たちもとてもにうれしく幸せでした。

しかし、

2年後、デューク10歳の年、リンパ腫発症。
最も抗がん剤治療に反応する腫瘍。
当時得られる限りの情報の中で、最も有効で、かつデュークに与える苦痛は最小限にとどめられるプロトコールを検討した。

治療効果や安全性の確率は、たとえどんなに高く見込めるといっても、決して100%のものはない。
仮に、99%安全というものがあったとしても、1%の危険性は存在する、と言っているわけだ。
そしてその1%の中に入ってしまうこともあるわけだ。

また、治療効果と安全性はイコールではない。
「治療効果は最大限に得られました。でも、死にました。」もあり得る、というわけだ。

だから、決して安易に決断はしなかった。

まず、全身くまなく検査して、一つでも懸念要素があれば、実行しないということ、そして、改善させられるものがあれば改善させてから再検査して、その結果その時点でまた検討するということ、を、絶対条件にした。
そして、全ての要素が一定基準を満たした状態であっても、最悪のことが起こらないとも限らないことを覚悟出来るかを、夫婦でよく話し合い、デュークが少しでも長く元気でいられる確率が高いことに賭けよう、という結論を出した。

徹底した体調管理とサポート体制の中で、抗がん剤治療に踏み切った。

その結果は、有頂天にもなりかねない程の良経過。
デューク本人が自覚するような副作用を防ぎつつ、完全寛解に至る。
とは言っても、もちろん我々獣医師はこれからが正念場であることも理解している。
1回目の完全寛解には成功しても、それは完治ではなく、必ず、「再燃」と言って再び病状が表面化してくる。そしてその時再び抑え込める可能性は格段に低い、という統計的事実。そして、仮にその2回目の抑え込みに成功しても、次の再燃はさらに早くやって来て、さらに反応性が悪くなっている。
そして、前に使った抗がん剤はすでに効かなくなっているので、違う種類、異なる性質の抗がん剤の組み合わせを、救援プロトコールとして一歩も二歩も先に先に用意して常に臨戦態勢で気は抜けない。

ありがたいことに、しばらくの間、検査や触診等で分かる異常もなく、一般全身状態も良好な日々を送り、ふと、ずっとこのまま再燃しないでいられるんじゃないか?とさえ思ってしまうほどであったが、、、

再燃は避けられなかった。

ここで負けてなるものか!
精密に検査して、全身状態は良好、あらゆる数値が抗がん剤に耐えられると示していた。

救援プロトコール、行くよ、デューク!

そして、ここでまた、完全寛解に成功!血液検査結果も良好!

だが、その直後に強烈な副作用発現。


「抑うつ」  「食欲廃絶」


数字には現れない副作用。
数字では予見できない副作用。
確かに、副作用として、「抑うつ」「食欲廃絶」の可能性があるのは理解していたが。。。


「抑うつ」「食欲廃絶」
この、たった何文字かだけで、いとも簡単に表現していることが、いかに、大きな打撃を与えるか、、、

そして、それを救う薬はないのだ。

...抑うつ...
まるで死体のように、生気なく全身を投げ出して、横たわったまま、目もうつろ、、、
呼びかけに頭を上げようともしない。

...食欲廃絶...
「低下」や「減退」ではなく、「廃絶」ということの重さ、、、


ああ、私は、なんということをしてしまったんだろう... 

...なんということをしてしまったんだろう...

...なんということをしてしまったんだろう...

ごめんね!デューク...

こうなってもいいなんて、私は思ったつもりは毛頭ないけど、でも、こうなる可能性があることを選択したってことは、こうなってもいいと思ったと同然だよね。
ひどいよね!
ごめんね!

覚悟だなんだって、それって、私たちのことだったね。
私たち、いったい何を覚悟したの?

デューク本人は、こうなる可能性があるって知ってたら、デューク自身でこの治療を選択しただろうか?

こんな辛いめにあう可能性があってもデュークは選択した?

私がこんな辛いめにあわせたんだ。。。

このままでは死んでしまう...

この窮地を切り抜け、助けることが出来たのは、獣医師としての我々夫婦ではなく、デュークの親としての我々夫婦の努力、介護と看護でした。

ごめんね、デューク、、、こんな辛いめにあわせて、、、ごめんね。。。
私たちは詫びながら、泣きそうになりながら、なんとか食べさせられるように、気持ちが遠くへ行かないように、寝たきりの体に二次的支障が出ないように、と、必死に努力しました。


その思いにデュークは応えてくれ、復活してくれました。


感謝と同時に、もう2度と抗がん剤は使わないと誓いました。


その後、更なる再燃を見ることなく、臨床症状、血液検査上も問題なく過ごすことが出来ました。
生活に何か支障が出ることもありませんでした。

しかし、治癒力の衰退、急速に老いていくような、どこか現世を見ていないような、妙な感覚がありました。

一緒にいるのに一緒にいないような、、、


そして、治療開始2年後、体重が最盛期の半分以下になったデューク12歳の年、最期に私の目を見て、私の腕の中で、息を引き取りました。


一般西洋医学的評価、客観的冷静な評価で言えば、治療効果を期待するには不利な条件(
大型犬それも超大型に近い大きさ、オス、)の中で、治療成績としては快挙と言えました。

年齢的にも、何もなくても、超大型犬なら12歳は十分長く生きてくれたとも言えるでしょう。

しかし、私たちが痛感したのは、「これは治療ではない。治しているのではないのだ。」でした。

そして、副作用の苦しみは、数字では示すことができないし、何より本人がどう感じるか、どう受け止めるかにかかっていることであって、確率の問題ではない、ということでした。

そう、本人がその苦しみを覚悟できるのか、そこに価値を見出せるのか?


または、戦争に例えるのもいいかもしれない。。。


戦いには勝ったことになるかもしれないけれど、

敵は死んだけれど、味方も死んだ、、、

そもそもこの戦いに意味はあったのだろうか、、、

ずっと正しいと信じてきたけれど、、、


リンパ腫になるもっと以前にも、2回、大きな危機がありました。

1回目は、悪性黒色腫。
これは早期発見と、発生部位が体幹部であったおかげで、表面に見える腫瘍塊の3倍ほどもあった腫瘍根も完全に、かなり大きくマージンをとって切除することができ、周囲組織への浸潤を残さず、遠隔への転移もなく、その時は、一般西洋医学的には治ったことになりました。

2回目は、胃捻転。
注意出来ることはすべて注意していても、起きるときは起きるんだ、と、その時思いました。
デュークの異状にすぐ気が付くことが出来るタイミングであったおかげで、即手術することができ、この時も助かりました。

ここまでは、一般西洋医学上、治していると思っていました。(今ではもう、そうは考えませんが。)

でも3回目は、「決して治しているわけではない治療法(それなのに「治療」と呼ぶ事実)」しかない病気が用意されていました。

しかし、そのおかげで、一般西洋医学そのものに対する疑問と気付きを得ることが出来たのでした。


決して治してはいないんだ。

それなのに、「治療」という言葉を使っている。

治療って、何?

生きているって、どういうことかな。。。

いわゆる「QOL(クオリティ オブ ライフ)」という視点の大切さは当然のことで、特筆することもないのですが、もっと、違う、「生きている、ということを大切にする、ということはどういうことかな?」とでも言えばいいでしょうか。。。

QOLの視点は最低限必要です。

でも、足りない、それだけじゃ足りない。。。

生きている意味、生き方、の視点。
生き方を選択する権利。

何か違う、何かがあるはずだ。

何か、絶対に苦しめないもの、、、


生きている価値は時間の長さじゃない。

生き方なんだ、どのように生きるか、、、

生き方を選択するということ。。。


何かある、何かある、、、


ここから、一気に世界が変わっていくことになりました。


ずっとずっと、いつか伝えたいと思っていたことでもあります。
長くなると思われますので、今回は、ここまでで、自然療法への転換「その1:転機編」として、一度区切ります。

では、つづく、ということで。。。


ナッツ君が教えてくれたこと

3.11・・・・あの日多くの命亡くなりました。
そのひとりに、ミニチュアダックスの男の子、ナッツ君(当時12歳目前)がいました。
ナッツ君のお母さんからお聞きしたこと、頂いたお手紙やメモから、お役に立てるべく、形にしました。ナッツ君のお母さんから託されてから、かなりの日数をへてしまったのは、私なりの思いを込めつつ、正確に、かつ、十分にお伝えしようとすると、なかなかうまくまとめられなかったためです。何とか今日、2013年3月11日、ここにUPすることがきました。
全ての魂が、どうぞ光に導かれますように。。。

Suzuki Nattu.jpg
2011年3月11日の岩手。
いつものように、ナッツ君は大好きなぬいぐるみとお留守番、お母さんは職場の動物病院へと出勤しました。
それが最後になるとは、誰も予想などできませんでした。

そして、大地震、大津波が起きました。

津波はナッツ君のおうちを呑み込み、そのあとには、住宅の基礎コンクリート部分が残るだけで、その他一切が消えてしまいました。建物も、ナッツ君も、手がかりすら、何も無く、、、

全てを失った衝撃と悲しみは、想像を絶するものだと推察しますが、お母さんは気丈に、助かった子達のお世話を続けます。(お母さんは、動物病院の看護師さんです。)

何カ月かの後、お母さんは岩手を離れることになりました。

その後、当時の病院スタッフ同士の絆から、その年の11月に石川県金沢市で開催されたローレン・マッコール先生の講演と個人セッションを受ける縁にいたりました。

その時の、ローレン・マッコール先生によるアニマルコミュニケーションを通して、ナッツ君はとても興味深いことをお話ししてくれました。

お母さんはまずナッツ君に謝りました。
「ナッツひとりで恐く苦しい思いをさせてごめんね。」

ナッツ君:「あやまらないで。誰も悪くない。」

お母さん:「お母さんはもちろん、みんなも、ナッツと別れてとても寂しいよ。」

ナッツ君:「ボクも寂しいよ。突然終わって残念!!
       とてつもない事が突然おきて、アッという間もなく、という出来事だから、しかたがない。
       でも、大地に裏切られた怒りを感じるよ。」

ナッツ君は、お散歩やお外に出るのが嫌いな子でした。そのナッツ君が、なぜか震災の前日は、外に居たがり、家に入ってからも、外に出よう出よう、としていたのを、その時は不思議に思っていたけれど、翌日震災の津波で家ごと流されてしまったあとになると、あの行動は、地震や津波がくることが分かっていて、「外に出よう。逃げよう。」と教えてくれていたんじゃないかと思い、聞きました。

ナッツ君:「何かとんでもないことが起こり、自分達の命が失われることは、3日前から分かっていたよ。
       外に出る行動をとったのは、他の仲間にその事をテレパシーで送っていたからさ。」

お母さん:「お母さんはとてもナッツが大好きだし愛していたよ。いつも一人でいることが多くてごめん
       ね。ナッツの好きなものと嫌いな物を教えて。」

ナッツ君:「ボクもお母さんが大好きだよ。一番うれしいのは、仕事から帰ったお母さんを出迎える瞬間
       さ。
       嫌いなことは、風と病院!!(この嫌いなことは、生前十分にお母さんは認識していました。
       お母さんくらいしか知り得ないことだったのですが、実際風が大嫌いで、少しでも歩くのを嫌
       がり、すぐ抱っこ!だったそうです。)

お母さん:「ナッツは散歩や他の犬ちゃんが苦手だったよね。」

ナッツ君:「ボクは、他の犬(仲間)が考えていることが、ダイレクトに伝わってきてしまうので、いろんな
       思いを感じすぎて具合が悪くなるので、散歩や他の犬も苦手だった。」

この答えを聞いて、お母さんは、散歩や他の犬との交流を無理強いしなくて良かった、これはナッツの個性なのだ、と理解することにしたのは正解だったと、心底思われたことを、私に話してくださいました。
散歩や他の犬が苦手なのを、訓練やトレーニングで修正すべきなのか悩んだ日々があったそうです。
しかし、そういう視点は、まさしく人間からの価値観の押しつけでしかないことも有り得ることを、ナッツ君は教えてくれました。

さて、今はどうしているのかと思い、
「そちらの世界では他の犬ちゃんと仲良しでいるの?ロビーやラッキーに会ったの?」

すると、
「それどころじゃない、忙しいんだ」という答えが返ってきました。

ナッツ君の説明によると、震災で亡くなった多くの魂が故郷(動物達は魂の帰るところをこう呼びます)に帰れないで迷っているらしく、その迷っている魂たちをひとつにまとめて、故郷に導く作業するをナッツ君はしているのだそうです。

ナッツ君いわく、
「パトロール隊ってところかな!!
お母さんも動物病院で病気の子の世話をしていたから、ボクもお母さんも、お互いそれぞれの世界で同じことをしていたって感じかなあ」

お母さん:「ナッツを愛してくれた皆に伝えたいことは何?」

ナッツ君:「ボクを愛してくれたみんなとお別れして、ボクもとても寂しいよ。
       でも、地球も生き物だから、異常なことが正常に戻ろうとする時は、この様に大きな変化を
       起こすんだ。
       だからといって、恐れないで自然に身をまかせていればいいのさ。
       本当に大切なのは愛。
       愛は壮大。
       このことを伝えてほしいな。」


ナッツ君、ありがとう!!!
  


「しつけ」撲滅運動の提唱

 動物たちに使われている「しつけ」という言葉に対して、日々感じていた違和感・不快感から気づき、到達した思いです。
 「しつけ」撲滅運動、起こしたいものです。
 「しつけ」という言葉を使うのをやめるだけでも、動物たちへの、また子供たちへの、誤った接し方が正されると思われます。
 動物も子供も、何も教えず野放しにしろと言っているのではありません。
 動物たちと人間が一緒に暮らしていくために、お互いが快適に、お互いを尊重して暮らしていけるように、また彼らの安全を確保するために、どういう約束事が必要かを考え、伝え、理解してもらう必要はあります。子供たちにも対しても同じでしょう。でも、それには「しつけ」という表現は適切ではないと考えます。
 「しつけ」という言葉、そこからどんな感じを受けますか?
 「しつけ」という言葉の背景には、しつける側としつけられる側、があります。そして「しつけ」という言葉を使う時、その2者の間には無意識のうちに支配関係の視点が入り込んでいます。無意識に、自分が教えようとしていることに権威性と正当性を確信し、これを一方的に押し付け従わせる、これが問題なのです。
 そこには、相手を一個の魂が宿る、その子その子の個性を持ったユニークな存在として、尊重し個性や長所を伸ばす手伝いをしようとする心の動きがありますか?
 動物たちにも、子供たちにも、彼らの持って生まれた個性が最大限生かされた成長をしてもらいたい、そして、その結果は、自分を認め、相手を認め、愛と尊重に満ちた暮らし、そういう世の中になってほしいと切に願うものです。
 「しつけ」という言葉が生む潜在的な支配欲と暴力の快楽をなくすためにも、まずは、「しつけ」という言葉をつかわないようにしてみることを提唱します。その代わりになる言葉を考えた時、きっと何かに気がつきます。
 


原発君との対話

 原発君たちとの対話のご報告です。
 初めて、福島第一原発の中の燃料たちにお話しすることができた6月上旬、彼らは、静かに聞いてくれました。
 私が何より伝えたかったのは、人類の罪の謝罪です。
 人間の手で、モンスター化させられた原子力燃料たち。彼らは、人間がこんなことさえしなければ、敵でもなく、脅威でもなく、同じ地球上の一員として、ただただ共に生きていたのです。それを、無理やり引っ張り出してきて、監禁して、あり得ない分裂という非道で非情なことを強制したのです。身を引きちぎらせてエネルギーを取り出そう、ということをしてきたのです。全くユニティーに反する行為です。核燃料と呼ばれている彼らに対して犯したこの罪を、人類の一員として謝罪するしかありません。許してもらえることではないかもしれません。許してもらえないとしても、謝罪しないではいられません。本当にひどいことをしてきたと思うと涙が止まりませんでした。
 そして、今まで、賛否両論野次罵声の中、ひたすら死ぬ思いで働いてきてくれたことに、感謝と慰労の思いを伝えました。そして、もう十分だから、もういいんだよ、もう止めていいんだよ、ありがとう、ということを伝えました。彼らはその時点では、もう自分たちが何者で何をしているか分からなくなっているような感じでした。あまりにも過酷な残酷なことを強いられてきた結果でしょう。分裂という、愛の正反対のことばかりやらされてきたのです。彼らに再び愛を取り戻してもらうため、私は毎日お話をしようと、そのとき思いました。I Love You.も伝えねば。
 さらには、空気中、海水中に拡散された放射性物質と呼ばれるものたちにも、お話したいと思いました。愛と敬意と謝罪の気持ちで。そう、謝罪がカギです。反省無き祈りはエゴだと多くの人に気づいてもらいたい。真の平和のために。。。

 その後、話し出してくれた頃は、苦しい、窒息しそうだ、と言っていましたが、やがて彼らに怒りや嘆きは無くなり、奇跡を受け入れる(というよりも、手伝う、という感じのほうが近いかもしれません)という準備ができました。しかし、奇跡が起きて、沈静化しても、人間がこのことから学んでいなければ、意味が無いだろう?とも言っています。「ああ、無事に済んだ」で終わらせては、何も改善しないと。人間たち自身が反省して、人間たちが変わることで、その結果の力で奇跡を起こせ、そう言いたいと解釈しました。
 彼らと一緒に原発のど真ん中にいると、周りを取り囲む人間の念のとぐろのようなものを感じます。憎悪、絶望、強欲、執着、欺瞞、そして意外だったのが無関心。無関心もネガティブ波動としてそこに届くのですね。改めて、無関心の罪を思いました。それから、気付かせてくれたのが、原発で働いていた人たちの中には、愛や誠実の波動もあったこと。それと、世界中の原発君達と繋がっているのも感じます。繋がっていると言うより、思い合ってるという感じ、です。かなり波動高いです、彼ら。いろんな子(動物、植物、物質)と話していると、なんだか、人間が一番波動低い気がしてきます。おごりのせいで、波動を低めているように思います。ひとりひとりが、自分の罪(知ろうとしなかった罪、反省を拒否している罪、もあります)に気づいて、反省して、許して、変わり、変えていきましょう。そういう時が来た、ただそれだけなのかもしれない、と思えます。