特殊検査

特殊検査のご案内

ここで言う特殊検査とは

一般血液検査や、レントゲン検査、超音波、CT、MRI、などのように、一般西洋医学検査で行われているものとは異なる検査です。
病名や疾患部位を直接示唆することもありますが、ひとつの生命体の中で、どの臓器またはシステムに負担がかかっているか、どんなストレスを受けているか、どんな毒素の影響があるか、を、未病状態からでも把握します。
これらの検査は、画像や数字では表れない身体(時には心)の悲鳴を拾い上げるものです。
これらの検査と、一般検査とを併用・対比させながら、ひとつの生命体を、どこか一か所や何かの病気だけに注目するのではなく、身体と心にかかるストレス全般を大きく広くとらえてあげたいものだと考えます。