治療内容

各種自然療法のご案内

ホモトキシコロジー療法

ホモトキシコロジー療法では病気を引き起こす毒素のことをホモトキシンといい、
「病気とはホモトキシンの侵入によって起こるものであり、
 身体に現れる症状はホモトキシンを排除するための自己防衛機能の発現」

と定義されています。

 身体の各組織は、日々、外的・内的ストレスから発生する毒素の排出に追われています。何らかの症状と介して体外へ排出しようと頑張っています。けれど、排出しきれない因子がそこにあると、毒素はより深いところへ押し込められていき、それが続くと、細胞の中まで毒素が入り込むことになります。なぜ、排出ができないのでしょうか?

本人の解毒器官に問題があるのかもしれません。

排出を上回るスピードで毒素が入ってくるのかもしれません。

せっかく排出しているそのための症状なのに、ただ症状を抑えるだけの対症療法の治療をした結果、見た目の症状は消えても排出の機会を失ってしまったのかもしれません。

したがって、排毒のために、整えてあげるべき環境因子や、毒素の侵入程度を考察する必要があります。そして、解毒のための経路をきれいにしたり、解毒器官をサポートしたり、細胞の活性や再生を促したり、と、症状や病変部だけを見るのではなく、全身を丸ごとケアします。薬剤形態としては、注射薬、飲み薬(錠剤、液剤)、外用(点眼、点耳、点鼻、軟膏)、など豊富にあります。

このホモトキシコロジー療法で飛びぬけて効果が高いのは急性および慢性腎不全です。SUCという3種類のホモトキシコロジーを混合したプロトコールを週2~3回注射を基本にいくつかの治療と併用するとかなり改善が見られることが多いです。

ホモトキシーコロジー療法は当クリニックで行っている治療の中心になっているものですが、病気の治療以外にも、アンチエージング(不自然な若返りを指すのではなく、無用に老化しないこと、または、健全な加齢を目指すこと)のためや、末期状態の生命の質の向上のためや、ワクチンの副作用を減らすためや、一般西洋医薬の薬用量や害を減らすためなど、幅広く活躍しています。
IMG_5412.jpg

ホモトキシコロジーの液剤です。

IMG_5678 2.jpg

ホモトキシコロジーの錠剤です。

IMG_5410.jpg

IMG_5680.jpg

ホモトキシコロジーの注射薬です。

IMG_5682.jpg

ホモトキシコロジーのシャンプー、外用薬そして点眼薬です。


動物用漢方薬

当院では、体質や症状に合わせて漢方薬を併用することがあります。猫や小型犬には小粒の丸薬を、中型犬や大型犬ではカプセルを飲ませてもらいます。腫瘍、アトピー、変性性脊髄症(DM),癲癇、甲状腺機能亢進症、重度心不全、腎不全末期、クッシング症候群、免疫介在性血小板減少症などに応用しています。

2017-01-14 10.22.40.jpg
甲状腺機能亢進症や甲状腺機能低下症に使います。

2017-01-14 10.34.09.jpg
椎間板ヘルニアや変性性脊髄症(DM)などに用います。

2017-01-14 10.37.45.jpg
癌や肉腫の治療に用います。

2017-01-14 10.40.56.jpg
副腎皮質機能亢進症の治療に用います。

2017-04-01 16.30.47.jpg
腎不全や尿漏れなどの治療に用います。


2017-04-01 17.05.52.jpg
心不全の治療に用います。




バイオレゾナンス療法(ドイツ振動医学研究所ザイオンLLC 三笠担当)

 ドイツ振動医学、パウル・シュミット式バイオレゾナンス療法。
 これは、生体自身の持つ波動(周波数)の共鳴現象を利用して生体を健康な状態に導き整える療法です。「すべての物質は固有の周波数で振動している」という、マックス・ブランク(ノーベル物理受賞学者、量子物理学の基礎を築いた)の波動理論が基礎になっています。
 「バイオ」=「生物・生体」に、それぞれ個体ごとに異なって必要とされている周波数を調べ、その周波数の波動を送ることで、「レゾナンス」=「共鳴」という自然な現象が起き、調整されていくものです。
 このバイオレゾナンス療法と、一般波動療法との決定的な違いは、緻密で膨大な周波数の解析データと臨床データに基づきシステム化されている点と、ここで使う機械から発生する波動の波形が天然由来の波形であり、そのため身体に害が無く安全で有効性の高いという点です。
 バイオレゾナンス療法には2つの基本、

生命エネルギーのどこに障害があるのかを見つける『測定』

その障害の解消や、エネルギーの流れを良くして生命力を高めるための『波動調整』

 これらにより、現在の病気に対してだけでなく、未病状態の予防医学として、また過去の治療の害への対処として、または体質改善や心の安定やリラクゼーションなど、生命力の改善にあらゆるアプローチが可能です。
 この療法は、機械からの波動を伝えるディデクタを動物本人に装着するか、またはプレートディデクタの上に乗っていてもらうだけで、「何も痛いことをされない」「気持ちいい」ということを動物たち自身がわかるようになり、この処置自体を喜んで楽しみにしてくれています。

ワンちゃんの場合、こんな感じです。とても安心して落ち着けるようです。そのうち寝てしまいます。この子もバイオレゾナンス療法が大好きです。
boirezo-ume2.JPG

猫ちゃんの場合、こんな感じです。この子もバイオレゾナンス療法が大好き!
biorezo-riku.JPG


バッチフワラーレメディ療法

 バッチフラワーレメディは、心の平安や感情のバランスを取り戻させてくれるものです。1930年代に、イギリスの医師エドワード・バッチ博士によって開発された癒しのシステムで、副作用や習慣性などの害が全くないだけでなく、無理強いするような強い作用もなく安全で、誰にでも、赤ちゃんからお年寄り、動物や植物にも、安心して使えるものです。(バッチフラワーレメディについては、当クリニックの人間向け窓口である「ヒーリングスペース カムイ」のHPをご参照ください。 www.kamui2007.jp
 心の状態は、病気から治るための力や病気に負けない力、病気になりにくい力、に大きく影響します。本人の自然治癒力や免疫力を引き出し、高めるために、心の状態にも目を向けてサポートしてあげたいものです。
 本人が本人らしく個性を伸ばして生き生きと過ごせるように、彼らにとってのストレスや重荷を考えて、それらが少しでも軽くなるように、バッチフラワーレメディでサポートしたいと考えます。自然治癒力を高め、病気から回復しやすいように、または病気になりにくい身体づくりのためにも、心の健康状態に気を配りたいものです。
 通常、飲み水や食べ物に混ぜて与えますが、純粋で素直な動物たちはバッチフラワーレメディを飲むと自分が楽になることがわかるようで、大抵の子は自分から好んで口にします。


組織細胞製剤療法

 50年ほど前に、ドイツのトイラー博士によって確立されたサイトプラズマ療法。
 エネルギー的または情報伝達による再生医療、とイメージしていただくと良いかもしれません。
 正常な組織はどんな状態であるかをエネルギー的に伝えることで、痛んだ組織が正常な組織へ再生し直せるよう働きかけます。注射と飲み薬のタイプがあります。安全性が高い薬剤で副作用はほとんどありませんが、まれに初期悪化が見られることもあります。その場合でも大抵はその後に改善が明確になります。
 この療法は、高い効果が期待できますが、薬剤が高価な上、入手が困難なので、通常利用は難しいこともあります。薬剤形態としては、注射薬、飲み薬(液剤、錠剤)、点眼、軟膏があります。
IMG_5681.jpg


植物療法 (ハーブ・薬草療法)


この療法は、主に薬草のチンキを用いて治療します。当院で用いているハーブチンキの例をいくつか書きますね。

Valerian+Skullcap :これは抗てんかん作用のあるチンキですが、めちゃめちゃ効きます。そして、動物に負担がほとんどありません。個人的な感想だとフェノバールよりも効果があり、肝臓などの臓器への負担は全くみられません。

癌摘出ハーブ軟膏:これは、皮膚にできた腫瘍を除去するハーブ軟膏です。この軟膏を腫瘍に塗布すると、腫瘍が段々体から分離し、落ちます。注射薬と飲み薬もあり、腫瘍の深さや転移によっては併用することもあります。

Burdock::抗菌、抗腫瘍、抗ウイルス作用を持ち、また解熱作用もあります。

Milk thisle:これは有名なハーブで、肝炎や肝硬変などに効果があります。

Lemon Balm: 軽度の鎮静および鎮痛作用があります。

Juniper:血糖低下作用、インスリン分泌促進などがあり、糖尿病に効果があります。

Lycopus+Melissa:猫の甲状腺機能亢進症に効果があります。

Grindelia: 呼吸器感染症に有効です。

Valerian: 分離不安、輸送によるストレス、雷恐怖症に効果があります。

Chamomile: 抗けいれん、鎮静作用、抗炎症作用があり、消化器疾患にとくに有効です。
         ミルクシスルと併用します。

Passion flower: 心不整脈、高血圧、不安解除などの作用があります。

などなど。

その他も含めて、全部で30種類を病状に合わせて使い分けています。

__ (13).JPG


経絡レメディ療法


経絡レメディってご存知でしょうか?簡単に言うと、ホメオパシーを使った鍼灸といった感じでしょうか。非常にシンプルな治療で、全部で15種類の複合ホメオパシーを使って治療します。
たとえば、小腸の経絡に働くレメディは、Condurango,Ka Phos,Lycosaの3種類のホメオパシーから構成され、各疾患に対し、複合ホメオパシーを1つ以上組み合わせることで治療を行います。

例として、猫エイズのような免疫不全の場合は心臓、脾、肺の経絡レメディを使用します。
(もちろん、他の治療も併用します)

15種類って1つ多いと思われる方もおられると思いますが、15番目のレメディは松果体に働きかける複合レメディです。このレメディは、精神免疫内分泌疾患にとって重要なキーレメディです。
これらのレメディは、エネルギーの過剰、調節障害、不足のそれぞれで投与量が異なります。

当院では、バイオレゾナンスによる鍼灸療法との併用をお勧めします。