治療内容

高濃度ビタミンC点滴療法のご案内

高濃度ビタミンC点滴療法とは?

点滴-イラストJPG.jpg 
近年急速に注目を集めている、身体に負担をかけないガン治療として、「高濃度ビタミンC点滴療法」があります。当クリニックの獣医師2名は、この高濃度ビタミンC点滴療法の初代認定獣医師であり、獣医療界への正しい知識の普及のために点滴療法研究会獣医師部会ボードメンバーとして活動しています。(参考:点滴療法研究会http://www.iv-therapy.jp/index.html および獣医師向けセミナーhttp://www.iv-therapy.jp/seminar/110417.html )
 高濃度ビタミンC点滴療法というのは、大量のビタミンCを点滴により血管内へ投与することで、一時的に血液中のビタミンC濃度をある基準値以上に維持し、ガン細胞を自然死へ誘導するものです。(詳しくはこちらをご覧ください。http://www.iv-therapy.jp/outline/detail/01.html効果に関しては、他のガン治療と同様に個人の差、ガンの種類による差はあります。しかし、この治療の最大のメリットは、患者さんの免疫力を高めることにあります。一般的に行われている「ガンの3大標準治療(手術、抗がん剤、放射線療法)」のように、生命力や免疫力を落とさせたり、辛い副作用で苦しめたりすることがありません。真に生命の質を大切にした治療法です。この真に身体に優しい治療法は確かな知識と細やかな配慮を要するので、高濃度ビタミンC点滴療法認定獣医師か、またはそれに準ずる研修をされた獣医師の治療を受けてください。