お知らせ

お知らせ

新型コロナウイルスに対する当院の対応について

現在、新型コロナウィルスによる肺炎の感染拡大がニュースでも取り上げられています。かつてSARSはコウモリからハクビシンそして人に感染したと言われており、SARSは、猫とフェレットに対して感染が成立しました。ご来院の際には、出来るだけマスク着用の上、手指消毒をして頂きますよう、ご協力をお願い致します。新型コロナウイルスの中間宿主は、蛇もしくはパンゴリン(センゼンコウ)と言われていますが、はっきりしたことはわかっておりません。また、犬や猫などの伴侶動物への感染に関して、エビデンスはありませんが、完全に否定された訳ではありません。
なお、病院風除室にアルコールジェルを設置し、受付、待合室、及び診察室には動物に安全なウイルス対策を行っております。